人妻

「大人の人妻ブーム」という言葉はマスコミが勝手に作った言葉であり、大人の女性が好みの男性は昔からいたと思います。あくまでも憶測ですがある芸能人が堂々と「人妻が好き」と公言したことで、他の人たちも「実は自分も熟女が好き」と言いやすくなっただけのような気がします。

 

実際、テレビに出ているタレントでも数人「実は自分も熟女が好き」と公言した人がいます。

 

また、最近「美魔女」と言われている方々もいますが、昔から年齢よりずっと若く見える方はたくさんいたし、モデルなどで活躍していた人はいました。
ただ、マスコミが話題に取り上げなかっただけだと思います。

 

「ブーム」という言葉を使ってしまうといつか終りが来ます。以前から熟女が好みだった方やモデルとして活躍していた方はたくさんいるのにマスコミが煽ることでいつかは終わってしまう「ブーム」に変えられたことは少し残念に思います。

 

人妻と呼ばれている人達の魅力は、その落ち着きだと思います。

 

近年は、女性に対して男性は積極性が欠けたり内気だったり、受身の男性が増えてきたように思います。

 

それを考えると、大人で様々な人生経験を積んだ人妻たちの大人の落ち着きや、心地よい積極性、若い女性のように細かいことで嫉妬しない器の大きさなどが、今時の男性に受けているのかもしれません。

 

飲み友達の人妻達の本当の名前や素性など、詳しいことは何も知らないんです。

 

その人妻だって、私に関する個人的なことは知らないはずです。

 

それでいいの。彼女は私の「ご主人様」で、私は彼女の従順なセックス奴隸にすぎないのです。

 

その人妻出会いは、ネットかきっかけです。今、流行りのSNSです。

 

そういう関係だからこそ、あんなにも異常なプレイを楽しめるのです。

 

快楽に溺れることができるんですから。

 

どこかのサイトで私の名を見かけることがあったら、その時はどうぞ遠慮なく命令を私にしてください。あなたと私にご縁があるのなら、きっとあなたは私のご主人様になるでしょう。
私は身も心もあなたの前に投げ出し、どんな恥ずかしい命令にも従います。

 

恥ずかしい姿を見てそそり立つあなたの息子をいたわります。

 

人妻なので恥じらいはありません。仕事中に私の携帯に1本の電話がありました。

 

いつものご主人様なんですが、携帯の番号を教えてないのにびっくりしました。

 

私が、シャワーを浴びている間に番号をゲットしたようです。人妻なので旦那にばれたら大変です。

 

私は、今まで以上にご主人様の言うことをきかないといけなくなりました。

 

熟女人妻ブーム

熟女人妻ブームだと言われていますが、本当にそうなのでしょうか。

 

あまり実感はないですね。ただ、日本社会が高齢化してきて、元気な高齢者の男性や女性が多くなっているのは事実です。70代とか80代の男性から見れば、50代や60代の女性だって十分に相手として見られるのかもしれません。

 

そういう人たちから見れば、「若い子」ということになるわけですから。

 

高齢化とともに、見た目若くて元気な女性が増えてきたのも事実ではないかと思います。

 

吉永小百合のように、70歳近くても「美しい」と言えるような人がいますし、桃井かおりのような60代のいい女とか、秋吉久美子のような50代後半の美女も存在しますね。

 

あと、いまどきの20代くらいの男性は草食化していると言われていて、同年代の女性が同年代の男性にあまり魅力を感じず、40代男性と付き合うという傾向もあるようで、20代男性は自分を受け入れてくれる年上の女性に目が向く、ということもあるかもしれないと思います。

 

ともかく、40代、50代でもきれいな女性というのは、昔から考えるとずいぶん増えてきたように思います。

 

人妻の場合、あまり男性のえり好みもしないでしょうし、そういう点でも付き合いやすい存在なのかもしれないと思います。年上の人妻熟女女性との出会いを求める若い男がいることは勇気をもらえます。

 

熟女人妻ブームA

 

最近、「人妻ブーム」という言葉をちらほら耳にするようになりました。

 

昔から人妻には女子高生や女子大生程ではないにせよ、一定の需要が存在したのは確かです。

 

では何故今それがブームになっているのでしょうか。まず要因として考えられるのは男性のストレスの増加と経済力の低下ではないでしょうか。

 

「失われた20年」という言葉がありますが、近年は賃金が上がらないばかりか実質賃金は低下し続け、非正規雇用の増加や失業等で先の経済的な見通しも立てにくくなりました。

 

にもかかわらずサービス残業やブラック企業等労働環境は高度経済成長期と変わらないどころか悪くなってすらいます。

 

そのような状況ではまず「若い女の子」にデートや食事、プレゼント等でコストを支払うことができなくなります。

 

よって必然的に経済的に自立している割合の高いであろう、年齢層の高めの女性、つまり人妻へと需要がシフトします。

 

またストレスが多くなっているということでこれまた年齢が低い故にどうしても世間知らずな「若い女の子」への需要は低くなり、人妻層へ需要がシフトします。それ以外にも勿論美容技術が進歩したことにより人妻が年齢を重ねにくくなったというのも要因として当然考えられますね。

 

○他人に知られず背徳感を味わう
自分と他人との境界とは何か?
中学生くらいに倫理の時間で、そんな授業を受けた思いがある。
自我とは何か?「我思う、故に、我あり。」「コギト、エルゴ、スム。」
そう、そんなどこかの魔法の言葉のようなものに触れたことがあった気がする。

 

それでは他人を思う、故に、"何"となるのだろうか?
それが職場の嫌なヤツであれば、例えば"怒り"といった感情。
それが年老いた育ての親や愛しの我が子であれば、"愛情"。
それが隣の席の気になるアノ子であれば、"恋心"であろう。
通じてこちらの思いは相手には伝わらないものである。
もうそれは丑の刻詣りをしたり、たとえ怪しげな手つきと共に念をおくったとしても、である。
それほどまでに、自分のこと以上に他人というのは制御し難いものであり、
それであるからこそであろうか、より一層に、他人を自分の感情のままに動かすということには、一種の麻薬のような蜜の味が漂うのである。

 

他人をコントロールすると聞くといささか大げさか、いや、しかしながら町にはその手の読み物で溢れかえってはいまいか?
例えば、マーケティングという領域。
市場について理解し、どのような商品が望まれているかを探り、ヒット商品を生み出さんとする手法である。
様々な手法や理論が構築されているが、顧客という名の他人をいかに満足させるかという企業努力の方法を皆が知りたがっているわけである。
少し直接的に、しかしながら、学術的に例えるならば、心理学。
これこそ、ズバリ、である。
こちらの行動・刺激に対して相手がどう感じるか、どう反応するかについて動物学的・人間学的観点から解説してくれる学問である。
他人に心地よく仕事を引き受けてもらい自分はいかに職場で楽をして仕事をするか、いかに他の候補者を押しのけて気になるアノ子にアタックするか、
そんなことについて学べるというありがたい調べなのである。
歴史に学べば、権力にものを言わせた奴隷制度であったり、と、やはり有史以来、他人を支配するということはヒトとして持って生まれた欲望なのかもしれない。
そういえばあなただって、この世に生を受けてすぐ、ママの興味を引きたくて大声をあげて泣いたのではなかったか?

 

ではそんな欲望を誰もが抱いているこの世の中で、最も身近に存在し、手に入りそうで手に入らないものとは何であろうか?
なぞなぞではない。
それこそが、そう、人妻である。
他人のもの。そして、異性。
倫理的に許されないものに手を出そうとする背徳感があり、
かつ、一般的には支配を許されていない、してはいけないものを自分だけが誰にも知られずに、
その禁断の果実を味わうことを許されているという、一種の優越感を感じることができる。
人妻にはヒトとして、オトコに生まれたものにとって、抗いがたい誘惑が秘められている。
人妻のどういう部分が、といった断片的なものではもはやなく、存在そのもの、
概念そのものが、それはもう、魅力の塊なのである。