ミノキシジル

ロニタブ(ミノキシジル) の個人輸入

髪の毛が薄くなってきたなど頭髪の悩みを抱えている人が、効果的な方法を探してると目にすることの多いミノキシジルは、育毛剤などに使用されている成分です。

 

当初は1970年代に血圧降下剤として開発された医薬品なのですが、使用している人の体毛が濃くなるという副作用があり、後の研究によって育毛効果が見られることが発見されてから、転用された成分となります。

 

最初にアメリカで外用薬として販売され、後にFDAからAGA医薬品として認可され、世界中で販売されたことが切っ掛けとなり、日本でも1999年には厚生労働省から正式認可を受けています。

 

ミノキシジルは内服薬として開発されていますが、日本で認められているのは外用薬としてのみです。

 

ミノキシジルを使用して何故髪の毛が伸びてくるのかについては、現代医学を持ってしても解明されていないのが現状です。

 

しかし、確実に髪の毛が伸びてくることが分かっているため、AGAなど薄毛で悩む人の多くは迷わず使用しているようです。

 

ミノキシジルは、1日2回、頭皮の気になる部分にぬることで、抜け毛を予防し発毛を促します。

 

このごろ頭頂部が気になって、抜け毛が増えて困っている、こういう状態になったら、もはや育毛シャンプーで頭皮の汚れを落としているだけでは、中々改善は望めません。

 

そこで登場するのが、このミノキシジルはなのです。

 

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは医薬品として開発されたことから、効果と同様に副作用も存在しています。

 

人によっては、頭皮に直接塗って使用した場合は、かぶれたり赤らむといったことがあるようです。

 

厚生労働省が認可しているので安全性はしっかりしていますが、確実とは言い切れないので使用する際は注意事項などを良く読んでから行いましょう。

 

次に問題となるのは血圧の低下です。

 

そもそもミノキシジルは本来降圧剤として開発されたものです。

 

ところが使用しているうちに患者さんたちの間で毛深くなるなどの症状が見られるようになり、その発毛効果が知られる所となりました。

 

ですから、これについてはある意味仕方のないことと言えるでしょう。

 

もっとも、ほとんどの方は使用しても何ら問題はありません。

 

私たち人間の頭皮は血流不良によって硬くなる性質を持っており、硬くなることで頭皮にある毛乳頭細胞に栄養が運ばれなくなってしまいます。

 

毛乳頭細胞は発毛において重要な存在であり、栄養が運ばれなくなることで髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

 

このことから正常なヘアサイクルを保つためには頭皮の血行を良くすることが大切だということがお分かりになるかと思います。

 

なぜミノキシジルが、発毛効果につながるのか疑問に思った人は多くいらっしゃるかと思いま、ミノキシジルの本来の効果は血管拡張によって一時的に血流を増加するというものなのです。

 

 

 

プロペシア ミノキシジルバナー 468 × 60

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top