プロペシア

プロペシア(フィナステリド)の個人輸入

プロペシアは、有効成分フィナステリドを含んだAGA対策の育毛剤としてよく利用されますが、プロペシア(フィナステリド)は、高い回復効果があると言われています。

 

プロペシア(フィナステリド)は脱毛予防効果があります。

 

プロペシア(フィナステリド)の具体的な作用としては毛周期の正常化ですが、そもそもAGAというのは毛髪の成長サイクルが変化することによって発生する症状です。

 

根本の原因にはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が関係しており、発生メカニズムは男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼの結合とされています。

 

これらの物質が結合するとDHTに変化しますが、DHTに変化した場合に強力な脱毛作用を持つと言われているのです。

 

そして毛周期を変化させてしまい、構成要素の一つである成長期を短くします。

 

本来なら3年から5年程度の成長期であるところ、DHTの作用で1年程度になり、それによって毛髪が育たなくなり薄毛が目立っていくのです。

 

プロペシア(フィナステリド)を飲んだ場合、DHTの発生要因である還元酵素の分泌を抑制することができ、結果的にDHTの発生も抑えることができます。

 

そして乱れていた毛周期も元に戻され、健全な成長期になり発毛し易くなるとされています。

 

 

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルを同時利用で相乗効果

ただし、プロペシア(フィナステリド)だけで薄毛を改善するのは難しく、その理由は発毛を促進する作用を持っていない薬だからです。

 

そこで役立つのがAGAに有効性がある発毛促進剤ミノキシジルです。

 

ミノキシジルは発毛を促進する作用を持つ発毛剤ですので、プロペシアが持たない発毛作用をカバーする為に役立ちます。

 

ミノキシジルの効果としては血流の促進なのですが、血管を拡張させることによって血流が良くなるという強みがあります。

 

その他の発毛剤にも血流を良くする成分が配合されていますが、さほど大きな効果には期待することはできません。

 

その点、ミノキシジルの場合は血管を根本的に拡張して血流量をアップしますので、毛根への栄養供給も活発に行えるようになります。

 

そして十分な栄養が供給されることによって毛乳頭細胞の活動が活発になり発毛を強力に促進することができるのです。

 

その力は非常に強く、弱々しい産毛を太く成長させることも可能とされていますので、従来の発毛剤とは比較にならないほどの効果がある言われています。

 

このように両者にはそれぞれの役割がありますが、お互いに違う作用をします。

 

そして、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルを同時に活用することで相乗効果によって強力に薄毛やはげを改善していくことができ、AGA対策のポピュラーな方法になっているのです。

 

 

 

プロペシア ミノキシジルバナー 468 × 60

 

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top