レビトラ

レビトラED(勃起不全)治療薬

 

レビトラはドイツで開発され、日本では2004年から販売されているED治療薬です。

 

勃起は性的な刺激や興奮によって一酸化窒素が放出され、男性器の細胞内にサイクリックグアノシンリン酸(cGMP)という血管を拡張する物質が増えることによって起きますが、レビトラはこの勃起を持続させるために必要なcGMPを破壊するホスホジエステラーゼタイプ5と呼ばれる酵素を抑制する効能があります。

 

レビトラの有効成分は「バルデナフィル塩酸塩水和物」で、性質上水に溶けやすいため前もって服用しなくても性行為の20〜30分前に服用すれば十分な効果を得られることが特徴で最大10時間の持続性があり、長期の服用でも安定して作用することが特徴です。

 

このバルデナフィル塩酸塩水和物を有効成分としたジェネリック医薬品としては、インド製の「バリフ」が広く知られています。

 

タブレット製剤とゼリー製剤の2種類があり、特にゼリー製剤は1週間分としてオレンジ・パイン・イチゴ・バナナ・ミント・バタースコッチ・カシスの7種類の味付がされているため、毎日違った味わいが楽しめることで人気です。

 

しかしながら、日本においてレビトラは特許満了を迎えていないため、正規のジェネリック医薬品としては流通していません。

 

購入する場合は医薬品を扱う個人輸入代行業者に依頼する必要があります。

 

なお、バリフの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物は血管を広げる作用があるため、ほてり・頭痛・鼻づまり・心拍数増加などの副作用を引き起こすことがあり、めまいを起こすこともあるため服用後は自動車の運転をしたり、高所へ登るなどの危険なことは避ける必要があります。

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top