セファレキシン

セファレキシン(犬・猫用抗生物質)

セファレキシンは、細菌の感染症に使用される抗生物質で、その中でも「セフェム系抗生物質」と呼ばれる種類のものです。

 

セファレキシンは、細胞壁があるものにのみ作用することで、動物には影響を及ぼさないものの、細菌には作用します。

 

そして、細菌の細胞壁を阻害することで細菌を死滅させることで細菌の増殖を抑えます。

 

セファレキシンが用いられる症状としては、皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、関節の細菌感染の治療と幅広く、さらには一部の排煙や連鎖球菌咽頭炎・感染症心内膜炎の予防にも使用されます。

 

ただし、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌や腸球菌、風邪・急性気管支炎などには効果がないため使用されません。

 

セファレキシンは腸から吸収される率が高く、経口投与の場合には服用してから3時間後に血中濃度がピークとなります。

 

安全に使用でき、適応症状に対しては効果が高い薬です

 

。また、他のセフェム系抗生物質で薬物アレルギーを起こしたことがある場合もリスクがあるため服用を控えたほうがよいとされています。

 

また、副作用としては、下痢や発疹・じんましんが報告されています。セファレキシンは1967年に開発され、日本だけでなくアメリカやカナダなど医療先進国でも処方されることが多い抗生物質です。

 

実際、WHO(世界保健機構)で医療制度で必要とされる必須薬品リストの中でも重要な医薬品とされています。

 

50年以上、有用な薬であり続けていることで、今では複数のジェネリック医薬品が出されるようになり、より安価で使用することができます。

セファレキシン150錠250mg
セファレキシン150錠250mg

 

セファレキシンの効果

セファレキシンと言うと
セファレキシンに対しましては犬、猫の桿菌接触伝染の手当に於いては採用されます。
セファ負けポリンの抗動物たちクォリティ、ペニシリンと同じ様にに比べると大規模なを通じて菌に対して効能を示すのです。
肌、泌尿人柄係わり、息づかい入れ物、骨、関節の桿菌接触感染の診療とすると利用されます。
セファドキシルと勘違いするような薬を有効活用して、それらの薬の業績は同じ立場なんです。
寄ライフ虫、ダニ、ウイルス、完全桿菌で決まってくる接触感染ようにする為にはインパクトを宣言してません。
使いみちの物差し:犬に向けての日常的な服薬容積に対しましては一日の内に二回、1度食いぶち:ウェイト1kg人によって22を超えて30mgだと言っていいでしょう。猫から見れば一日につき一回、一度食い分:ウェイト1kgそれぞれに22mgの取り入れ件数にあります。
お使いにおけるお知らせ
消費フロント、更なる抗動物材質のだと摂り込む状況ではまるで獣ドクターに於いてはお問合わせください。
獣お医者さんの処方箋通り触ってみておきさえすると、当たり障りがなくハイレベルなものといわれていますが、その中には食欲減少、吐き考え、後半痢などの様な反作用に該当する生き物ですらあるのです。
センシチブ症、アレルギーも発生する生物に来る時は活用によって来なくなります。

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top