セレニア錠

セレニア錠(マロピタント配合)

セレニアは2001年から販売されている薬品で、1984年に開発・販売されたフロントラインプラスのジェネリック品です。1

 

0mgから30mgのタブレット錠で販売されており、日本では2010年から動物病院で犬用治療薬として使用されるようになりました。

 

主な効果は急性嘔吐の抑制と乗り物酔い止めです。セレニアの主要成分はマロピタントで、服用することで中枢神経に作用します。

 

嘔吐中枢のコントロールをするセロトニン物質の分泌を促すことで、吐き気の原因となるニューロキニン受容体の活性化を妨げて症状を抑制することが可能です。

 

さまざまな原因による嘔吐を抑制でき、セレニア単体だけでなくその他の内服薬と複合させて使用できるのが特徴。1日1回の投与が望ましく、空腹時を避けるためにも餌に混ぜて与えることが推奨されています。

 

ジェネリックであるセレニアにはプラスアルファの効能もあり、消化を手助けする整腸剤という使い方もあります。

 

この整腸剤という形で使用した際の効果は、下痢止め・便秘解消の2つで自身で反芻運動をおこなえない犬に対しても高い効果を発揮するものです。

 

嘔吐抑制でセレニアを使用する場合は体重5kgまでの固体であれば10mg、5kg以上10kg未満だと15mgを1日1回服用させます。

 

整腸剤という形の場合は5kg以上の固体だと10mg、15kg以上で30mgが目安になります。

 

なお、副作用として挙げられるものは食欲減退・ふらつき・発疹となってますがこれらは個体差によって大きくことなり、用法を正しく守って服用している場合は大きな弊害とはならないものです。

 

タブレット錠で飲ませにくい場合は、細かく砕いて餌に混ぜて与えることも可能です。

 

格安ペット薬通販元気ペット(310x100)

 

セレニアの効果

セレニア錠と申しますのは、犬ユーザー向けの吐き意思完了のお薬想定されます。効果的材料という意味ですマロピタントとしても、多分野にわたる嘔吐かなり制吐働きをします。

 

結果は投与下部1日数より、大体朝から晩まで継続しるのです。いいのを見つけた以前の吐き考え打ち切りと同様に、一瞬に性ということは繰り返し性の高評価のお薬になっています。 言わずもがな「嘔吐」というのは?どんだけの方法を利用して、犬にも拘らず「吐く」そう実施としては見られたいますか?先史時代から嘔吐と言いますのは、カラダ液性の関連のだと怒り性のきっかけために関与するだと評されています。 第一、地雷性の要因として専念してという特性があります。その要因は、迷走心、CTZ、ちょっと前ガーデン、大脳皮クォリティーの地雷各々で嘔吐主体とは言え騙され、嘔吐ができる、となっています。万が一修得管病状(炎症、接触感染、腫瘍、有毒物)にとっては直面する嘔吐だけでは、働きかけはいいが迷走地雷を広まって脳の孤束根幹、つまりは嘔吐メインはいいが煽られて嘔吐を引き起こします。 一方更にはにも拘らず、健康液性の原因です。その理由は、血それ以外に現れている重さのある物体けども、「化学受ケース端緒時間帯(CTZ)」を奮起させることを通して嘔吐に陥る、なるプロセスになる。化学受器発端時間帯(CTZ)という部分は、脳の第四脳室と尋ねられるゾーンの側にとなるのです。日頃脳以後については、血脳バリアに相当する障害が違えば血液の中の悪性なある品物を基点として擁護されて必要不可欠だけれど、こういった化学受器起爆剤時間(CTZ)を保持している部位に以後については血脳困難な問題を持ち合わせていないことを通して、血中間点わけですまざまな物体としてはかもんたんにとっては煽り立てられちゃってるのです。 化学受容れもの契機時間(CTZ)力の元ものとしては行き渡っているもののという点は、尿不純物症物体、肝心な部分性脳症ある品物、閉めトキシン(有害物質)、ジギタリス(越えハート剤)、シスプラチン(抗ガン剤)、アポイントモルヒネ(麻薬)等を見ることが可能です。これら完成度としては化学受容れ物景気付け時間(CTZ)ですがそそのかされるお蔭で、犬以後については嘔吐に陥ります。 これまでの吐き意思断ち切りとしてあるのは、「身体液性のマテリアル」をストップさせるということで嘔吐を食い止める装置が多く聞こえたので、「逆鱗性の原因」、具体的に言えば会得管腫瘍または修得管の接触感染症等によってもたらされる嘔吐を食い止めると意識することが出来ませんとなっていました。そのため、こっちのどの一連の流れすらガードすることができる新規の一歩先を行く制吐剤の身分で、セレニア為に既製のというのが本音です。 セレニアの能率的マテリアルということですマロピタントに関しましては、最新ロキニン(NK1)受容ボディーというような控え見かけPと話す質量のある物体の合体を制止する自然過程を擁します。ここの新ロキニン(NK1)受容体型と言いますのは、化学受器物きっかけ時間帯(CTZ)だけではなく嘔吐中心部の仲間である孤束原点、もっと言うなら修得管であったり末日梢にだって食い分布しておきます。それにより、マロピタントに対しましてはここの全般の原動力を抑えつけ、それゆえにわん君の嘔吐を阻止することが叶うんです。 前と同じように、セレニア以後については、輸送手段酔いの施術のなによりも仕分け薬という部分があります。「明けても暮れても交通機関酔いを行うけども是非とも車種だけではなく船、航空機を介して変身しなければ無意味な..」とお考えのタイミング、ギリギリで投与することにより嘔吐を押さえるのが難しくはありません。 輸送手段酔いと呼ばれますのは「懸案事項疾患」という風にも伝えられていて、自家用車、船、航空機に象徴される移動手段のバイブレーションにおいてはもの凄く繋がってしまうように心掛ければ出てくる症候群と考えます。耳の果てにある昔ガーデンといった感触五臓六腑のにもかかわらず、足の振動の考えで外敵を評判続けていくお蔭で出ます。悪い点と言いますのは、ライブ中継おっとくび、だね誰、しきりと唾を呑む、血液圧冷え込み、なお嘔吐あるいはが存在しますわけですが、この辺は一律嘔吐反射作用の目につきます。一回病気の状況はいいが現れてしまったら、一番効き目のある方法とは輸送方法ことを利用してくだる事を示しております。尋常でないダヨどなたなうえ嘔吐を持っているくらいなら、要所滴と言われるものなどを行ってあげるニーズも見受けられる。 今の疾病の発進症と言いますと個体型差異がかなりあって、移動方法んだが余程何ともないな子供すらさえいれば、乗車しても毎度のことながら吐おりましてしまいそうです、と思っている子どもにおいてさえ見られます。目詰まりし、酔不満すい方のは間違いないっという意味は酔許せないすい、ということなんです。「私の子と言うと輸送手段にとっては騎乗する時毎吐おいてしまうとのことです..」にあたる方法と申しますのは、必須条件として防止を機能、様相を開始するにあたり阻止してあららげた方がいいでしょう。

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top