フォルテコール

フォルテコール(犬・猫用)

フォルテコール(犬・猫用)・ジェネリックは、主に犬や猫の心臓病・腎臓病・高血圧があるときに用いる薬です。投与すると、症状の進行を緩和できます。

 

配合されている成分はベナゼプリルといい、効果としては血管を収縮させてしまう酵素の産生や作用を阻害することで血管を拡張した状態にし、血のめぐりを良くします。

 

血圧を下げ、心臓にかかる負担を減らして心不全の状態を回避することが可能です。

 

腎臓に対する効果については、腎臓が正しく機能するためには必須となる糸球体と呼ばれる器官があるのですが、投与することでこの器官の出口にある血管も拡張させ、糸球体の中の圧力を低下させる働きがあります。

 

そうすることで、糸球体の破壊が抑えられ腎不全のリスクを減らすことが可能です。

 

心不全や腎不全は、慢性化すると治ることが難しい難病であるため恐れられていますが、こうした薬を与えると症状の進行を抑えられるため人気です。

 

ジェネリック医薬品なのでフォルテコールと成分・効果は全く同じであり、それでいて通販などで安く購入できます。効果については大きく、フォルテコールと同様に多くの飼い主の間で信頼されている医薬品です。

 

犬や猫に飲ませる方法は、犬の場合は体重1kgにつき0.25mgから1mgを基準量としましょう。また、猫の場合は1kgにつき0.5mgから1mgを基準量として経口投与で飲ませます。

 

1粒の大きさは小さめですので、飲ませる時に手間がかかることはあまりありません。イヌやネコの好むフレーバーになっているため、飲ませやすいです。

 

フォルテコールを飲ませるときのポイントとしては、効果を最大限引き出すためには長い時間をかけて投与していく必要がありますので覚えておきましょう。

 

フォルテコール2.5 28錠入り

 

 

 

フォルテコール

フォルテコール2.5mgとされているところは、犬・猫の心の臓トラブル、血圧の高い、腎不トータルのの手当てとすると使用することが出来るペットのお薬と聞きます。
脳裏血液管病状も生じる犬・猫更に血液管を委縮させてみたり、内的筋を傷付けたりすると言われる化学重さのある物体変わらずホルモンの作成を減らしいますから、胸臓悪い所の見立てあるいはガードに於いては助かります。
もう、血液圧をディスカウントする血液管発展薬形態でのベネフィットも存在して、血圧が高めのの診療と述べても使用されます。 一段と腎糸球状の毛髪細血液管圧という身体中の血液圧を改善しるがために、尿蛋白漏出を調整、腎臓疾病の過程をモラトリアムを課すレベルの効用がついてくることを目的に、猫の腎不総計の施術にまで引用されます。 投与施策ということは摂取量の設置 犬・猫のウェイトによって、1日に一度気質投与実施してください。 投与と呼ばれるのはランチタイムを前にですらあとになってだとしても問題にしません。
その内でも投与時の規則と申しますのはないはずです。時折診断を所作、続いているできるかできないかを見極めるようにしましょう。 犬のウェイト1kgですので0.25mg、猫のウェイト1kgですので0.5mgはいいけれど着眼点音の大きさなのです。

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top