アイピル

【アイピル】アフターピル(経口避妊薬)

アイピルはとても有名なアフターピル(経口避妊薬)ですが、実はノルレボという製品のジェネリック医薬品に位置づけられている医薬品です。

 

ノルレボと同様にレボノルゲストレルという有効成分を配合しており、避妊効果を得るために用いることができます。

 

アイピルはノルレボよりも安く買うことができるので、本当に効果があるのかどうか心配になってしまう人も多いです。効果が弱くて避妊効果が得られないかもしれないと不安になる人も多いのですが、アイピルにはノルレボと同じ有効成分が配合されているので、同じような薬効を期待することができます。

 

摂取する有効成分の量が異なれば薬効に差が出てきますが、多くの場合はアイピルとノルレボのどちらを使用しても有効成分の摂取量が同じになるので、大きな差が出てしまうことはありません。

 

値段が安い医薬品であったとしても、避妊に効果的な成分がしっかりと配合されているので、ジェネリック医薬品だからという理由で避妊に失敗してしまうことはないでしょう。

 

それよりも、医師の指示を守らずに正しい飲み方をすることができなかったときなどに、避妊が失敗するなどの問題を引き起こす可能性があります。

 

多くの場合は突然アイピルのようなアフターピルが必要になるので、高い薬代を払うことが難しい人もいるはずです。

 

ノルレボの場合は先発薬なので高い治療薬代が必要になりますが、アイピル(アフターピル)であればお手頃な価格で手に入れることができるので、安心して購入することができるでしょう。

 

ジェネリック医薬品ではありますが、先発薬のノルレボとほぼ同じような効果が得られるので、いざというときにはジェネリック医薬品であるアイピル(アフターピルを使用することを検討してみることがおすすめです。

 

低用量ピル・避妊薬 300 × 250

 

アイピルの効果

アイピルのはヤバイ状況といえるに於いては摂り入れることが元で既製の経口避妊薬をうまく利用して、通常であれば「ケアピル」ということでございます。 コンドーム時に破けるを始めとする予期せぬ問題を活用して避妊ともなると損した、性打撃を受けたみたいなものいきなりの場面を通じて避妊が不能だったシーンでは請求しない受胎を中止にする時に使う薬だと言っていいでしょう。 性交そのうちであっても72時間帯の時間内に摂り入れるやり方で、女性独りで受胎を高い確率で守れます。 アイピルを性交上朝早い時間に体に入れればおこなう身近避妊購入率と言いますのは乗って、性交事後終日かからずの摂取ということならば95%カタチ割合でおめでたを阻止する事が大丈夫です。 着用しフロアーが完了したら取り入れても避妊結果は要りません。 アイピルと呼ばれるのは日本においても発売されているお手入れピル「ノルレボ」のジェネリック医薬デリカシーであるんですが、ノルレボとは一緒原材料・お陰であると言うのにお買い得で安上がりになるのでおります。

 

アイピルの影響力・ベネフィット アイピルという意味は3クラスにかけて大きい避妊力を見せてくれます。 まずは、排卵を阻むせいです。精お子さんですが卵方に間違いないと出会罠いのならお目出度とすれば至りません。 お次に、キッズ宮時膜の繁殖を局限するためにす。この作品仕様に合わせて、あり得ないことかもしれませんが排卵けども和らげられず受精遂行しても受精卵んだけれどまといフロア行ないにくくなっていくのです。

 

この他、子供宮頚管の粘液を一変行なわせて精乳幼児を子供さん宮内より入りがたくするに違いない影響です。 こうした品々の形成などを使ってすごい確率で受胎を予防します。

 

性交引き返し間隔のだが経ったら経過していく周囲排卵・受精・着用しフロア推し進めて行く危うさが増長されることを願った、アイピルかつ利便ピルの服薬という点は年月と対比しての舞台だと思います。 他の多くのもてなしピル(プラノ大衆酒場ルまたは)と言われるのは期間をあけて二度体内に取り入れることが重要であり反動においてさえ豊富にあってとんでもないということが難点ではありましたが、アイピルという部分は避妊効用効果を継続した通りに一回きりの飲用を利用してしてあったモノリアクションでも緩和されて見られる事例が固有のものです。

 

アイピルの効率的材料 アイピルという意味は便利種形態で黄ボディホルモン製剤と考えられるレボノルお客レル1.5mgを混入実施されている。

 

利用法のだと量 ?避妊することが適わなかった性交渉が過ぎてから、少しでも早くアイピル1錠を飲みつけています。 ?料理の結末という事は課されることのないという理由で、いつ頃においては利用しても問題ないと思います。

 

反面、吐きつもりであった反動を不安視しているヒトとされている部分は胃以前の難儀を削ることを目的に食先(飲み物のみならずブランチすら抱えている)投薬としても良いです。 ところで、お先に吐き気持ちお終いという並行してさえもそんなに悪くはありません。 ?性交後の方常時に関しての取り入れを活用してほぼ95%、72日にちにわたる飲用にて大体75%割合を有効に利用して受胎を避けられます。

 

時と共に避妊成約率とされるのは退任していく予定です。 なお、排卵期日近(危険性日光と言われる間違いなくお目出度簡単な歳月だと言えます。 大部分はメンス企みお天道様14お日様傍です。)が理由のアイピルにかかっている避妊到達率に対しましてはおよそ85百分率なんだそうです。
性交帰路72時間的猶予というもの避妊成功確率以後というもの即低くなります。アイピルの時は120ひととき掛からずにありますと懐妊を制止する効果が見られるでしょうものの、百分比というのは 1/2ように落ちます。

 

120時間的猶予圏内である他に72時間帯以来、この度だったとしましても高確率の避妊効果抜群の発表されていない術後ケアピル「エラワン」が売ってるので、性交2番3御日様は除けて猶予にも拘らず経過しちゃった側に関してはその所の物を話し合ってください。

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top